日本一、安全・安心な教室を目指して


今村塾では、地域の皆さまに安心して通塾していただけるように、新型コロナウイルス対策を、日々強化しています。

各教室に設置した「CO2モニター(日本製)」で二酸化炭素濃度を常時測定し、空気の流れを細かく計測して、二酸化炭素濃度を800ppm以下に抑えています。
 ※二酸化炭素濃度は、厚生労働省からは1000ppm以下、学校衛生基準法では1500ppm以下が望ましいとされています。

常時の窓開けと機械換気を行いながら、空調機器もフル稼働させているため、室温も適切に保たれています。

本部教室・第2教室ともに、窓やドアを東西2方向で開けることができ、大型扇風機や換気扇を利用しているため、常に多くの外気を取り入れています。

「次亜塩素酸空間除菌装置(ジアイーノ)」も24時間稼働し、机やイスなどの消毒作業も細かく行っております。

また、生徒・職員は教室内では、マスク(不織布製を強く推奨しています)を装用し、わずかでも体調に異変が見られる場合などは、オンラインでの受講に切り替えるなど、各ご家庭にもご協力をいただいております。

各教室の対策状況は次の通りです。


■本部教室

▲本部教室入り口。入室時には、検温・消毒・入退室カードのタッチを行います。


▲本部教室東西方向の窓は常時開放しています。


【自習室】


 

▲自習室は大型扇風機にて、常に大量の風を送り込んでいます。


【授業用教室】


 

▲授業で使用する教室です。座席は一席空けて配置しています。


■第2教室


 

▲東方向の窓と西側ドア。屋外につながるドアと窓は、第2教室も常時開放しています。

【授業用教室】


 
 

▲大型換気扇を導入し、どの部屋でも二酸化炭素濃度を800ppm以下に抑えています。

今後も、感染症対策は随時増強していき、地域の皆さまに安心して通っていただけるよう、努めて参ります。
 どうぞよろしくお願い申し上げます。

今村塾